家出体験談

若い頃に一度は家出を経験されている方は多いのではないでしょうか?
勿論、した事なんてない!という方もおられるとおもいますが…。
私は2回ほどした経験があります。

1度目は小学校高学年の時、きっかけはいま考えるととても小さな事なのですが、弟との喧嘩がきっかけだったとおもいます。
泣きながら家を出て、家から徒歩1分(笑)の幼馴染みの家に泊まらせて貰いました。
勿論、母親にはメールを入れておきましたが、今になるとかなり心配をかけたな、と思うと同時に、あの頃は子供だったなと実感します。

2度目は中学二年生の時ですね、しかも1年のうち何度か。
夏休み丸々家に帰らなかった事もありました。
あまり学校でも上手くいっていなかったので、夏休みが明けても学校へ行かずに年上の友達の家に行ってばっかりで、家族にも凄く迷惑や心配をかけた1年でした。
そんな生活をしていると弟にはものすごく嫌われてしまいましたね、当たり前ですよね。
毎日心配し、電話で姉ともめている所を見ていたのですから。
今ではすっかり仲の良い姉弟に戻れていますが、あの頃に戻れるなら、家出をした自分を止めたいですね(笑)
正直、後悔ばかりです。
あの時の親の気持ちを考えると胸が張り裂けそうに痛みます。
ただ、後悔ばかりできた家出でしたが、得られる物も沢山ありました、それは私にとってとても大事で、今にも繋がっている「人との繋がり」です。
学校という狭い箱の中での人間関係に囚われ悩んでいた自分は、外での人間関係を新たに築く事で、新しい考え方を学び、人との付き合い方を学び、視野が広くなったな、とおもいます。
あの時の繋がりは今も続いていて、私の財産だと胸を張って言えます。
現在、婚約している相手もその時出逢い、支えてくれたら方です。

家出をする事は周りにも迷惑をかけます、自分一人の問題ではなくなってきます。
思っているよりも自分は子供で、何も出来ないという事も実感します。
何より、気がついていないだけで、自分を心配してくれている方は少なからずいるのです。
そんな方を苦しめたという想いは何年経っても消える物ではありません。
ですが、してしまった物はしょうがないのです、精一杯これから頑張りましょう。
また、家出が悪い!という訳ではなく、先程言った通り得られる物もあるかもしれません。
でも心の何処かで、大切な人に心配を掛けることを覚えて置いて欲しいです。

私は目に見えていなかった事に気付くことが出来ました。
最後に、家出をしていた自分へ「なるべく早く帰って、ちゃんと謝り、話し合うんだよ。」と言いたいです。

line家出掲示板で面白い出会いをめっぽう楽しんでいる朝

私は家出をしたことはない